証券会社に強い転職エージェントランキング【※日系も外資も転職成功】

証券会社に転職をお考えの方へ

証券会社の転職は、特に営業職は離職率が高く中途採用の門戸が広いと言われています。他業種からとなると営業職であっても少しハードルが上がりますが、今までの経験を活かして活躍することは十分可能です。

もしまだ具体的に転職先企業が絞りきれていないなら、一度転職エージェントに相談してみましょう!リクルートエージェントには証券会社の有料求人も豊富に揃っていますので転職の参考になるはずです。

証券会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

証券会社は野村やSMBCなどの大手から地場証券まで様々ありますが証券会社の求人数で一番なのはリクルートエージェントです。大手なので幅広い求人を握っています。




DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

DODAも証券会社の求人の多さには定評があります。大手から中小までDODAの担当者が希望にあう求人を紹介します。第二の転職エージェントとして推奨しています。




パソナキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細

パソナは派遣で有名な企業ですがパソナキャリアはその中で転職エージェントとしてサービスを提供しています。特に女性のサポートは評価が高いので女性はご参考ください。




証券会社の転職動向は?

証券会社の離職率は、一般より高い傾向にあります。大体3〜4年半で人が入れ替わると いわれ、転職率が高く、中途採用が多いのが特徴です。離職率が高いのは、やはり営業という所でのプレッシャーなどがあり、なかなか続かないという所が原因のようです。今回はそれぞれの転職の立場から転職動向をみてみました。

「他業種からの転職」

証券業界は、独特で昔はあまり他業種からの転職はなかったのですが、最近は増えています。特に対面営業で証券の営業マンからネットが、証券の主体になり始めたという事、ここ最近の政府の金融にたいする規制関連などで、複雑な金融商品に対応するシステムの構築が必要になってきたという事、ネット証券が台頭してきたため、ネットマーケティングに精通している人というのが特に注目されてきています。その為、システム系やマーケティングでは、異業種であっても専門的な知識が活かせるようです。しかし、金融の知識が必要になる為、やはり、システム系だと銀行やノンバンク系、携帯等何かしら金融事業に携わっている方が有利になりますし、金融知識がないと転職してからが大変なようで、ついていけずすぐに退職になってしまう事もあります。また最近は、ネットでの取引が増えた事、NISA口座などの新しい制度が始まった為、コールセンターなどで対応する人が必要になっており、こちらもニーズが求められています。

「業界内から業界内への転職」

これはもう頻繁に行われている事です。狭い業界内なので、転職しても、転職先に前の証券会社で一緒に働いていた人がいたとか、前の会社の同僚は、転職先の会社の人だったなどはよくある話です。極端な例だと、ライバル会社などに転職している例もありました。 頻繁に業界内での転職が多い為、上司に呼ばれて一緒に転職した人や知人の紹介で転職する人等、管理職などは多い傾向にあるようです。また、外資系証券会社などは、人材紹介会社などを使って転職をしているようです。

「業界外への転職」

証券での営業が合わなくて、異業種に転職したりする場合もあります。営業の人は、営業の経験を活かして、違う業種営業への転職や、営業成績が良い人などは、大口顧客などを相手に金融知識を活かして、プラスアルファとして税理士やFPなどの資格を取得しコンサルタントや経営者になる方もいます。経理などは、別の業種でもつぶしがきくため、転職する場合もあります。また、株式引き受けなどを携わった方は、新規上場するための開設手続きなどの企業でその経験を活かす事ができます。どちらにしろ、異業種でも金融知識の経験を活かして転職をする事が有利になります。

証券会社の採用職種の分類

証券会社の採用職種は、大きくわけるとシステム系と営業などのフロント系と事務手続きを行うバック系の3つにわかれます

システム系

システム系でもその証券会社が、自社開発まで行う所なのか、委託しているのかによってシステム系の転職がわかれます。 自社開発をしている場合は、システムの設計、構築まで必要になりますが、委託の場合は、主にインフラ周り、アプリ系だけになってしまい、設計、構築などの経験が活かせる所が少なくなります。

・インフラ関連
自社のシステム開発などを手掛ける為、金融知識が必要となり、証券でなくとも銀行系やノンバンク系などの開発を手掛けた経験者なども採用されています。プロダクトマネージャーとして転職してくるのが一般的です。

・アプリケーション関連
ネットでの発注などが、一般化しつつある今、スマホやウエラブル端末などのソフトなどの開発がもとめられています。

フロント系

証券会社では、人のお金で稼いでいる仕事といっては聞こえが悪いですが、業績の収益元となる営業が一番大切な仕事になります。営業成績で全てがきまるといってもよいぐらい営業成績に左右される為、離職率がもっとも高く、どの証券会社でも常に募集をかけています。

・マーケティング、営業企画部
証券会社によって名称は違うかもしれませんが、広告をだしたり、自社の営業業績を管理したり、商品枠を広げたりします。ネット証券などで、営業マンがいない場合は、ここが営業の役目もします。最近は、ネットでの広告効果を重要視してきており、SEOなどに詳しいwebマーケティングの需要も高まってきています。 その他、自社で取引ができる場合は、ディーラーなどの業種もあります。ディーラーは基本経験者で、歩合の所がほとんどです。

・IFA
最近は、独立系ファイナンシャルプランナが紹介する証券会社として提携することでその橋渡しをする業務もできてきています。手続きなので、証券の知識は必要ですが、必ず経験者でないといけないという事ではないようですが、経験者の方が望ましいようです。

・アナリスト、調査部門
業種は別でも経験者が求められる部署です。アナリストの場合、何等かのアナリストの資格の保有が求められます。または、新卒などではいってその会社のアナリストになる人もいます。

・コールセンター 
お客様対応の為、注文を受ける時もありますが、営業に比べると収益的には低い所が多いので、派遣や契約社員の所も多いです。証券業界に新しい制度などが導入されると、その対応要員として活発に募集をします。フロント系とバックの中間業務みたいな立ち位置にある所もあります。

バック系

派遣や契約社員などだと未経験でも募集している所もありますが、一般的に経験者採用になります。

・証券業務部
株式等の金融商品の事務処理業務全般です。新卒で入る以外は、ほとんど経験者でしか採用枠ない場合が多いです。ただ、顧客の新規口座開設手続きなどの手続き系に関しては、派遣などで採用しています。

・コンプライアンス部
ここも金融商品取引法に基づき取引が行われているか、従業員のコンプライアンスなどの周知・教育などをおこなったりするため、法律家や経験者での採用枠があります。

・財務部、経理部
ここは、業種が違っても経験があれば採用される事があるようです。その基準は、会社によりまちまちです。

・人事総務部
こちらも業種が異なっても経験で採用できる業種になります。 経営企画部など社長直轄の部署に関しては、紹介や引き抜きなどが多く、何かしら役員や管理職などと顔見知りでないとなかなか採用が難しいようです。

証券業界は、離職率が高く業績が悪くなるとリストラが行われるので、異動もあり、採用職種とは違う職種、転勤などもあります。


Copyright (C) 2015-2018 証券会社に強い転職エージェントランキング【※日系も外資も転職成功】 All Rights Reserved.